技術部 開発設計グループ

A.K.  技術部 開発設計グループ(2007年入社)

ホントの専門は修理でした

私は小さい頃から車が大好きで、将来の夢は小学校の時から自動車整備士と決まっていました。

工業高校・専門学校へと進み、念願の自動車整備士になり車検や修理、エンジンのオーバーホールなどもこなしていましたが、やりづらい修理作業をする度に「人が作った物をいじるのではなく、自分で物を作ってみたい!」と思うようになりました。

会社でもそれなりに実績を残す事ができ転職を考えていた所、未経験者でもOKの設計職募集があり、ダメ元で応募したのが長野工業株式会社でした。

その時長野工業を選んだポイントは、物づくりの全てに関わる事が出来る、という所です。

守備範囲は広めです

無事転職する事ができ、設計に配属される事になりましたが、設計に関する知識は高校時代に学んだだけで、ほとんど忘れていました。また現場仕事ばかりの職場だったので、まずはCADの操作を覚える所からのスタートとなりましたが、丁寧な先輩の教育と何よりも製品がすぐそばにある環境ですので、現物確認をしながら色々と勉強する事ができました。

設計というと机に座ってパソコンとにらめっこのイメージがありますが、良くも悪くもその通りではありません。製品試験の手伝いやトラブル対応、直接お客様とお話しする機会もあります。

印象に残っている事

新型の高所作業車と共に、お客様の元へ新製品のプレゼンで伺った際に「一番高い所まで機械を揺すってみて」とお客様に言われた事があり、「えぇ!」と思いましたが、自分で性能試験をしており転ばない確証があったので(怖かったですが)機械を揺すった所、「他社の人間ならぜったいやらないのにな。よほど自信があるんだな」と言われた事は強烈に印象に残っています。(笑)

また、製品を海外に輸出している事もあり、頻繁にではありませんが海外出張もあります。私はたまたま運に恵まれイギリスへ単身赴任する機会がありましたが、仕事を通じて海外の文化に触れる事ができるのは非常にいい経験になりました。

柔軟に、でも基本は守る

正直な所、物づくりをしていると想定外の事が良く起こります。ですが、そんな時でも解決する為に私が大事にしている事は「目的を見失わず、基本に忠実に」です。

基本を守りながらも、ライバルに差をつける。一見矛盾しているように思えますが、これを達成する事が設計の醍醐味だと思います。

守備範囲が広い為、学ぶ事は多いですがその分色々な事に関わる事ができる職場です。今まで無かったものを形にできる、それが長野工業だと思います。

お問い合わせ先

  • 営業 ・ 販売
    Tel 026-273-1333
    Fax  026-273-1423
  • サービス
    Tel 026-273-1771
    Fax  026-273-1899
  • 部 品
    Tel 026-273-1337
    Fax  026-273-1899
PAGETOP
Copyright © Nagano Industry Co., Ltd. All Rights Reserved.