夢を形に技術で応える長野工業は、足回りから電装まで完全自社設計を行う自走式高所作業車の専門メーカーです。

営業部

K.T.  営業部 (2008年入社)

未経験者大歓迎

 営業と聞くと「個人ノルマがあって大変そう」「どんな能力が必要かよく分からない」などの不安があると思います。でも、安心してください。未経験者でもしっかりとした教育を実施しています。まず、販売する商材は私たちで製造を行っているので、機械の仕組みや構造を一から学べる環境です。実際のラインで組み立て作業を行ったり、出荷検査研修で完成機の機能や能力を肌で感じたり、サービス研修で機械の修理やメンテナンスを通して、より深く製品を理解することができます。そうやって体で学んだものを使って営業を行うので未経験者でも安心です。入社した3か月は、研修をしっかり行って、製品知識やメーカー営業の具体的な仕事について理解を深めます。私も実際、組立ラインに入って製造とは何かを学び、サービスを経て製品知識を深めてからの営業部への配属だったので、お客様と初めて商談する時も自信を持って対応することができました。

付加価値とは何か?

コンビニのように商品を陳列して、お客さんは好きなものを選んでレジに行く場合は、営業は要りません。NAGANOでは、高所作業車の設計・製造・サービス・販売を行っている会社になるので、様々な角度から付加価値を付けることができます。開発の基本理念は安心・安全で死亡事故ゼロを目指しています。高所作業車は文字通り、高所で作業を行う機械になるので、高所作業中に転倒事故が発生すると死亡事故に繋がります。自走式高所作業車は無足場工法(足場を組まず機械で自由に目的地へアクセスする)の普及により、建築や土木の現場で広く使用させるようになりました。その中で、高所での無理な走行による転倒事故が多数起こっていました。作業効率を考えれば、どのような場合でも走行できるのが一番ですが、事故が起こっては本末転倒です。現在NAGANOで製造されている自走式高所作業車は標準で走行規制を装備しております。2014年の発売当初は、作業効率重視のお客様よりご指摘頂くケースも多い状況でしたが、今では、世の中が安全志向にシフトしている背景もあり、多くのお客様に選ばれています。これからも安心・安全を基本理念とした付加価値を生み続けていく会社です。

営業の醍醐味 

商談の結果、受注に至り納車をする流れの中で様々な要望を頂くことがあります。要望の内容にも依りますが納車時に機械の確認をして頂きながら、「ありがとう」と声をかけて頂く機会があります。一人ではできることが小さくても、上司・同僚・部下、他部署、会社全体で、できることは無限大だと思います。営業は個人の仕事ではなく、時に会社の顔として顧客満足を追求し、会社全体にバックアップしてもらい、ダイレクトにお客様と接する仕事だと私は思います。真摯さを忘れずに対応し続ければ、必ずプラスで返ってきます。そういった分かりやすい部分がやりがいに繋がり、営業の醍醐味だと思います。

 

 

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © Nagano Industry Co., Ltd. All Rights Reserved.